ニューヨーク/MoMAのメンバーシップは値打ちあり/入場料&映画がフリーで見放題

ニューヨーク/MoMAのメンバーシップは値打ちあり/入場料&映画がフリーで見放題

NEW YORK

初めてニューヨークへ行った時から憧れていた場所がありました。そう「ニューヨーク近代美術館」こと「MoMA」です。MoMAは非常に人気のある美術館というよりもはや観光地ですが、金曜日の夕方はフリーエントランスだったりと非常にカジュアルな楽しみ方もできます。また、美術館も何パートに分かれていてその時のイベントによって初めて行く場所があったりする懐の広さもあったり、ショップの楽しさや映画館など、こちらにはアートやクリティティブをあんまり深く考えずに楽しむことのできる宝箱がたくさんあります。地下鉄のEラインかMラインの53rdストリート駅が最寄りですが、個人的には見所の多いFIFTH アヴェニューから歩いてくるのも楽しいです。ロックフェラーセンターやセントパトリック寺院とupwardへ進み、ユニクロニューヨーク旗艦店が見えたらその角を左折すればすぐそこにMoMAはあります。MoMAには広いクラークもあるので大きい荷物はぜひ預けましょう。チケット売り場からすぐそこのゲートから入ると中庭に向けての吹き抜けのアトリウムがあります。

突然ちゃぶ台が…。もう展示は始まっています。

中庭にはジャコメッティなどよだれの出るような作品があったり。基本そのゲートから入るとすぐ右手にエスカレーターがあるのでそれで上に上がっていくのがノーマルな順路かと思いますがその日に何を見るかによって順路はその日によって変わる感じです。だいたい、定番の教科書に載っている作品群はそのエスカレーターからの3階から4階にあるのでこちらは一度は押さえておきたいところです。私は何回も訪れていますが、ムンクの「叫び」がある日ヒョイっと巡回しにきたり(撮影OK)とにかく世界を感じるエリアです。しかも、そのエリアには一応ニューヨーク地元の作家も紹介されていて、ウォーホルとかのビックネームだけでなく「箱の作家」コーネルの作品なんかもあったりと、たまらないです。(コーネルは草間彌生なんかとも交友があったアーティストです)突然廊下に現れるバルテュスやフランシスベーコンの大作も神出鬼没すぎて、こんなに数々の名作を身近に感じられることの価値はすごいと思います。もちろん名作の傍で数々の企画展が同時多発的に行われており、最近では映像やメディアアートなんかが比重が多いかもですが、「ドイツ表現主義」とか「日本のアバンギャルド」とかニッチなワンテーマの企画なんかは非常に興味深く見応えがありますね。土方が振り付けた芦川さんのビデオも展示してありました。

こんなMoMAですが、メンバーシップに入ると一年間フリーパスとなります。ニューヨーク一年目の時は私は学生証を持っていたので、学生価格で55ドルだったかと思います。これでいつでも入場無料で、B1にある映画も見放題です。ちなみにMoMAの映画館は2館あり、かなりコアな映画好きにはたまらないかと思いますが、あまり映画を見ない私でもここの映画によって、モロッコのジャジューカ村のすごいおどりの祭りを知れたのはかなり値打ちありました。さらにメンバーシップ特典として、大好きなMoMAショップでのお買い物は10-20%OFF。通常は有料のギフトラッピングも無料というサービスで優雅な気分に浸れます。そして、会期前の展覧会のプレビューに入場できたりとこの値段とは思えないサービスがあるのです。確かペア券で一人70ドル、一般会員は100ドル以内だったような、、、現在は少しシステムが変わっているようですが、まぁとにかくまずは金曜日夕方の入場無料から試してみてはいかがでしょうか?

メンバーシップカードはMOMAを代表する作品・ゴッホの「星月夜」があしらわれている。

また、MoMAに来た際は、すぐそばにあるRoomin’が「ニューヨークで一番美味しい」と思っている食べ物「HALAL GUYS」のチキンオーバーライスを食べに寄れるという特典があります。こちらのチキンオーバーライスは大人気で、いつも行列ができているのでMoMAから見えそうなくらい。行列に並んで自分の番が来るとお兄さんが「チキン?ラム?」って聞いてくるので(ほんとはそれ以外にもメニューあるけど大体の人はチキンだと思います。)オススメはチキンとラムのミックスです。気候のいい時期は近くにベンチがあり、皆外で食べています。もし、家に持ち帰って食べるのであれば「To go」と付け加えましょう。決済は(当時は)現金のみですので小銭を用意しておきます。3年前で8ドルだったかなと思います。年々少しづつ値上がりしていますが、この値段でニューヨークではなかなか食事はできません。ボリュームたっぷりでスパイスの効いたインディカ米に肉が載っててマヨネーズソースとピタサンドに使うパンが細切りになっているものとレタスとチリソースのコラボレーションがたまらないのです。ぜひ。

ドリンクは1ドルです。
黄色いキッチンかーが目印のHALAL GUYS。キャッチフレーズは「We are difference」です。