ニューヨーク/Creative Music Studio 森のワークショップは夢のような即興と音楽の5日間

ニューヨーク/Creative Music Studio 森のワークショップは夢のような即興と音楽の5日間

IMPROVISATION

Karl Berger率いるCreative Music Studioは即興を心から楽しむ活動を世界に広げるべく合宿のワークショップをニューヨークの郊外にて開催してきました。私がMarilyn CrispellとTyshawnの衝撃的なデュオセッションを目撃したのが、そのワークショップに参加した時。(→ニューヨーク/OddRooming史上最高の即興デュオを目撃・Marilyn Crispell &Tyshawn)ニューヨーク州のウッドストックのさらに奥のBig Indianというところで5日間に渡り行われるもので、会場となるFullMoon Resortという施設は美しい森の中に宿泊施設やライブハウス、スタジオなどが点在、夢のような即興漬けの5日間を過ごすこととなりました。OddRoomingは2014年6月に初めて参加したのですが、その時の様子を振り返ってみます。
→2014年のCreative Music Studio ワークショップの報告記事(CMS webサイト)

会場のFullMoon Resortは森の敷地の中にライブハウスやコテージが点在している

まずは申し込み。Workshopの参加や支払いはCreative Music StudioのHPから行います。泊まる部屋によって値段が変わるので部屋のタイプを指定し決済、その際に自分の使用する楽器やレベルなどの基本情報を記載して申し込みます。しかしアクセスは自分でなんとかしなくてはならないので、まずたどり着くのに難易度は高めでした。ManhattanのバスターミナルポートオーソリティでなんとかWoodstock方面のBigIndian行きのバスチケットを購入し、そこから約4時間のバスの旅、途中でWoodstockを経由しいくつかの街を巡ります。アナウンスは極めて聞き取りづらくいったいどこで降りたらいいか不安の中、乗客が少なくなるにつれ楽器を持ったいかにも「それ」風な人たちが目につくようになりました。きっと彼らも参加者に違いないという勘に従い同じところで降りると迎えの車が来ていてなんとか無事にたどり着くことができました。参加者はニューヨークはもちろん、地元界隈のWoodstockの方々やアメリカの各地、またヨーロッパからの参加者も。私も日本からですし、各地から即興にアンテナを張ったミュージシャンが集っています。初日のミーティングの自己紹介では、「自分は楽器は演奏しないが即興を追求したくて自分の体を奏でる」といったようなことを拙い英語で話しました。

美しい森の中のコテージやスタジオでの5日間
ワークショップのタイムスケジュール。とにかく即興三昧!

このワークショップにはCreative Music StudioのKarl BergerやIngrid Sertsoによる即興の指南(楽器だけでなくリズムやボイスによる)、Marilyn CrispellやHenry Threadgill、Warren Smithなどのガイディングアーティストによるレクチャー、Improvisers Orchestra、そして毎晩の全員参加のライブセッションがプログラムされていて、本当に一日中音楽漬け、即興漬けのすごい合宿です。

ワークショップのスタジオとなったBarn。
3食ドリンク付きです。

朝はまずヨガと呼吸法のレクチャーで目覚めへ誘導する盤石ぶり。とにかく高原の中のスタジオで深く息をしていると清々しい気分と非日常感とで、体の芯から即興に心頭できる状態に浸れます。午前・午後とガイディングアーティトによる理論や実技の独自の即興ワークショップ・レクチャーとKarlやIngridによるリズムやボイスのワーク。難しい英語は理解できませんでしたが、語学力には関係なく参加できるワークが多い印象でした。私は楽器は演奏せずおどりで参加していたのですが、違和感なく受け入れてくれたどころか、ある意味おどりでの参加は新鮮なインパクトを与えたようで、「私のおどりによって音楽が変わった」とKarlは言ってくださいました。毎晩行う夜のライブでは、それぞれ参加者がおもいおもいの組み合わせでセッションを行うのですが、KarlがIngridやガイディングアーティストの面々と行うライブに出てほしいと言われ、しかも、ボイスパフォーマーであり詩人のIngridは冒頭に私に向けて創ってくれた詩を詠んでくれたのです!Ingridはまるで妖精のような浮世離れした生命体といったところ。おどりのパッションネイトを感じてくれたとのことでした。

Ingridがしたためた詩はライブの後プレゼントしてくれました。
ガイディングアーティストによるレクチャー
KarlがImprovisers Orchestra向けに用意してくれた譜面
Karl Berger, Ingrid Sertso, Warren Smithらとのセッション

こうして朝から、からだと向き合い即興と音楽に浸って、夜は未明まで延々とセッションを繰り広げる夢のようなワークショップの5日間は素晴らしいものとなりました。ライブハウスは敷地内に別棟である本格的なものでPAやバーもあり、ワークショップの参加者だけでなくWoodstockのご近所さんや仲間の方々もライブを観にいらしているようでした。6月の平日5日間、ニューヨークの郊外に出向くという時間を確保するのには相当思い切りが必要ですが、この時の素晴らしい経験は忘れがたく、再びこの会に訪れることになるのです。

Karlとの即興ダンス番外編。彼の身体性がよくわかる。


Creative Music Studioの歴史を紹介した書籍「All Kinds of Time: The Enduring Spirit of the Creative Music Studio」も会場にて売られていました。
↓↓↓Amazon:All Kinds of Time: The Enduring Spirit of the Creative Music Studio (English Edition)