2017年久々のNYその1/有給とって10日間でライブとCMS即興ワークショップ参加の日程を組む

2017年久々のNYその1/有給とって10日間でライブとCMS即興ワークショップ参加の日程を組む

IMPROVISATION

ニューヨークへは2014年に長期滞在した後、帰国後F市でデザイナー職として会社員になったこともあり、なかなか訪れることができずにいました。行くだけで2〜3日を要し少なくとも1週間を現地で確保するとなると最低でも10日は休みたいところ。やはり就いたばかりの会社の中で長々と休みをとるのは気持ち的にハードルは高いものです。3年勤めてようやくまとまった有給をとれるくらいの気持ちに至りました。比較的業務量が少なそうな時期を見極め、勇気を出して有給を申し出ることに成功。どうせ行くならライブの予定もたてたいところです。

3年ぶりのニューヨークはCMS即興ワークショップを中心に組むことに。

毎年6月には、ニューヨークのアップステートでKarl Berger率いるCreative Music Studioの即興の合宿ワークショップが行われていて3年前にも参加したのですが、その後もメールでご案内をもらっていて、スカラシップとして「特別割引価格」をオファーしてくれたのに応じることができなかったのを思い出しました。
→2014年のWSのこと:ニューヨーク/Creative Music Studio 森のワークショップは夢のような即興と音楽の5日間
ちなみにこのワークショップは全日程4泊5日でその参加費には滞在期間内の食事(3食)とドリンク、部屋代、ワークショップ代、ライブハウス使用料など、交通費以外の全てが含まれていて、宿泊施設の森のコテージはおしゃれで快適、食事も私がニューヨークで食べたものの中で一番美味しいくらいのレベルなのですが、そちら全てを含めた金額が部屋のレベルによって変わるシステムとなっていて、前回は確か900ドル台だったような気がします。そのメールで案内されたスカラシップはこの価格を約半額の600ドルほどにしてくれるという内容でした。チャッカリ者のRoomin’はこのメールのことを思い出しダメ元でこの価格が有効かどうかメールを出してみました。早速CMSの当時の運営・ミックジャガー似のRobから「もちろん大丈夫だよ」という快い返事をいただき、即決。月曜日から金曜日までをCMSのこのワークショップにあてることにしました。それを中心にして航空券やその他のライブの予定などを決めていくことにしました。

航空券はSky Scannerでチェック。福岡発着で平日発〜平日着を狙う

福岡発着のニューヨーク行きの直行便はないのでアジア系路線の韓国経由か台湾系を利用することが多いです。航空運賃比較サイト「Sky Scanner」で福岡〜JFKを設定してなるべく待ち時間が少なくて価格の安そうなところを探していきます。日程を1日ずつ変えていくと週末は料金が高く木曜日あたりが一番安いようです。帰りも日曜現地発は高くて月曜日にするだけで少し安くなりました。経験上10万は切ってほしいところなので木曜夕方福岡発で韓国経由のアシアナ航空の便が9万円台前半になったところで決めました。Sky Scannerは比較サイトなので売買はそれぞれのサイトに移動して行います。その時は楽天トラベルで購入したので日本語でやりとりできて安心でした。木曜夕方福岡発で金曜昼ごろJFK着、現地を月曜の午後発で火曜日の夜に福岡着なので木曜〜翌々週の火曜日までの12連休、現地10日間の旅程です。

新しいWTCに直結した施設

ライブの設定はまず白石民夫氏に聞いてみる

さて、現地10日間のうち5日間の予定が決まったのでそれ以外の日程で可能な日にライブができるかどうか、まずは私の中で最も共演したい人物である白石民夫氏に連絡を。その段階で渡航までに2ヶ月を切っていたので、ライブの日程組むのは厳しいかな〜と思ったのですが、白石さんは自分が出演予定になっているRoomin’の憧れのvenue「Silent Barn」で行うライブに私の出演を打診してくれました。
また、白石さんとの共演を夢見る(?)Master Wotazumiが設定して最終日の日曜日の夜に「Share」で白石さんとOddRoomingによるライブか決まり、これで週末の予定はいい感じに埋まってきました。

(上)Tamio Shiraishi @新宿カリヨン橋

さらにMaster WotazumiがSNSでニューヨークへの渡航をアップしたところそれをみたAndrea Wolperが声をかけてくれて、時間のないなかで以前ライブを行ったブルックリンのI Beamでのライブを設定してくれたのです。ヴォーカルのAndreaとピアノのCarolとOddRooming2名との共演なのですが、このメンバーで共演するのも前回から3年ぶりのことで、久しぶりなのにこうしてすぐに声をかけてくれてありがたいですね。
→Andreaとの前回のライブ:ニューヨーク/歌姫Andrea WolperとついにGigを行うことにwith Carol 自宅稽古からの@I Beam

こうして楽しみなことが満載な久々のニューヨークはさらに想像を上回る「旅」となるのです。

→「2017年久々のNYその2/憧れのSilent Barn@Bushwickで白石民夫氏とドローンの夕べ」へ続く

特に観光ということはなく街そのものが観光だったりする
(上)真夜中のタイムズスクエアで謎の遊具で遊ぶ
(下)一回は食べないと気が済まない「HALAL GUYS」のチキンオーバーライス