本でデザイン独学のススメ/コスパ最強:図書館もうまく利用するべし@TSUTAYA運営武雄市図書館

本でデザイン独学のススメ/コスパ最強:図書館もうまく利用するべし@TSUTAYA運営武雄市図書館

CREATIVE

OddRooming家のすぐ近くに図書館はあります。前回、デザインの技法や作りたいものの段取りを把握するには本が一番ということを書きましたが、本は決して安いものではなくただ単に手当たり次第に本を買えばいいというものでもありません。(→本でデザイン独学のススメ/Wordpress未経験でも本屋さんで吟味し選んだ本でサイトを開設)よって補助的に情報を補完・追加してくれる本を図書館で探すことは必至です。図書館で本を借りるとことの最大の利点は無料つまりタダです。使わない手はありません。ただ、図書館の本だけで真に役に立つマニュアルに出会えることはまずないと思った方がいいです。そもそも2週間しか手元に置いて置けないのであくまで補助的なかたちで使うのですが、メインとなる手引書はやはりちゃんと購入したものが据えるべきかと思います。あとはBOOK OFFなどを同じように宝探しというか書架を念入りに見回して思わぬ一冊との出会いもあります。タイトルが気になっただけの本も果敢に挑戦できます。なにせタダなのですから。図書館の利用に関しては自治体によって違いはあるかと思いますが、自分の住んでいる場所でなくともわざわざ出かけてしまう図書館というものもあります。

佐賀県の武雄市という温泉で有名な街にある「武雄市図書館」はTSUTAYAが運営を市に委託されている半民半官の図書館でわざわざ出かけてみたくなる図書館です。武雄市役所や武雄温泉駅にもほど近い街の中心地ゆめタウンの向かいに位置し大楠で名高い武雄神社も裏手にそびえます。館内はいかにもTSUTAYA風なおしゃれなつくりで作りでTSUTAYAの新本の書店と図書館の書架が同フロアにシームレスに共存しています。雑貨などの取り扱いもありTSUTAYAらしさも主張。窓際のスペースにはスターバックスコーヒーの店舗とカフェスペースがあり、その席数はかなり多く、館内で売られている本と図書館内の本を自由に読むことができます。実際に本を買っても自宅だとなかなか集中して読めずにそのままになっている方もいるのではないかと思いますが、こちらでは集中して本を読むことができる気がします。しかもタダで。(コーヒーは飲みますが)しかもこちらにはクリエイティブ関連の雑誌がまぁまぁ揃っているのでデザイン関連の新しい情報を取り入れるには非常にありがたいスペースです。図書館は本を読む場所でもあるのでその場で情報を頭に入れやすく、何かしらヒントになるようなネットだと拾いずらいような情報を得るには最適の場所と言えます。

武雄市図書館のような図書館は滅多にないかとは思いますが、どの街の図書館でもまめにチェックすると自分の欲しい情報の本がたまたま誰も借りていなくて本棚に戻ってきていたりして、何かやりたいことがあるときには大いに手助けとなることと思います。しかもタダで。

自治体の視察などが訪れることも多い武雄図書館

武雄市図書館も掲載されている日本の趣ある図書館を紹介した一冊
↓↓↓Amazon: 日本の最も美しい図書館 立野井 一恵 (著)