2021年2月/舞踏靑龍會アトリエ公演「奇魂の景」開催:OddRooming「嵐か、丘」おどります

2021年2月/舞踏靑龍會アトリエ公演「奇魂の景」開催:OddRooming「嵐か、丘」おどります

BUTOH

2013年秋にスタートし2014年から必ず年に4回、コロナ禍も続いている2021年現時点まで一度も休むことなく継続して開催されている連続公演「舞踏靑龍會アトリエ連続公演」が今年も2月に開催されます。久々高知から大村憲子さん(舞踏土佐派主宰)がいらっしゃいますので楽しみですね〜屋久島から虫丸さんもきてくださることになり、公演の出演者規模はほぼノーマルなレベルかと思います。さらに舞踏靑龍會からは今回は私も注目する新人・野瀬瑠美氏がソロデビューしますので注目に値すべき会になるのではないでしょうか?るみちゃんと初めて稽古であった時彼女は24歳で、Roomin’が舞踏を始めた歳と同じであったことからなんとなく勝手に親近性を感じている次第です。今すぐ舞台に立っても成立しそうななんだかよくわからない魅力を感じたので期待大かと思います。さらに、一度母国イギリスに里帰りしたもののロックダウンとなり出演できるのかどうか微妙だったション=アンダーソンが今回久々に本番を踏むことも注目だし(日本滞在のビザを持っている人は出国可能だったらしい)、そして大本命の原田伸雄先生の一番弟子(だと私が勝手に思っている)シンキミコ氏のおどりも大注目です。

OddRoomingも毎年2月の会には新作をつくることが自分の中の恒例となっていてかねてより構想していた「嵐が丘」をモチーフに「嵐か、丘」を上演いたします。(音楽にはよしおの楽曲を使用させていただきます。)2020年度は自主公演を行わなかったので、OddRoomingとしては実に一年ぶりの上演となります。この期間、本番を踏むことはなかったですが、まぁそんなものかなと。もともと私はそんなに多く本番を持つ方でもなかったので逆に、生まれ変わった気分でまた一から、「本当に」やりたいことをはじめようかと思います。

奇しくも、この会のサブタイトルは「奇魂の会」。OddRoomingの「Odd」は「奇」でありそれに「魂」なのですからこんなにぴったりな会はありません。ちなみに「魂」という字は「塊」に似ていると思いませんか?どちらも「鬼」があるのですが…。


アトリエ公演「肉体の四季」-奇魂(くしみたま)の景-

期日:2021年2月28日(日)
開演:15時開演(14時半開場)
会場:舞踏青龍会アトリエ(福岡県小郡市二森1632-11)
会費:3000円(学生2500円) 定員 15名(完全予約制)


PROGRAM

<第一部>
◇ Shone Underson (ロンドン) / 舞踏 
「道端で待っているスフィンクス」
– 3分間の換気タイム – 
◇ 野瀬瑠美 (福岡) / 舞踏
「かわたれ」 
– 3分間の換気タイム –
◇ シンキミコ (福岡) / 舞踏
「ミチユキ -天神森の段-」

—- 休憩 (10分)—-

<第二部>
◇ 藤條虫丸 (屋久島) / 舞踏 
「極私的肉体詩・玉子」
– 3分間の換気タイム –
◇ OddRooming(福岡) / 舞踏・法竹
「嵐か、丘」
– 3分間の換気タイム –
◇ 大村憲子と舞踏土佐派 (高知) / 舞踏
「渚にて」

※ 恒例の終演後の小宴はお弁当と乾杯程度に簡略化させて頂きます 

予約など詳細はこちらもご覧ください→舞踏靑龍會HP