Roomin’のたわごと/節約が市民権を得ているこの頃。幸せはその人ごとに違うものだと思う

Roomin’のたわごと/節約が市民権を得ているこの頃。幸せはその人ごとに違うものだと思う

LIFE

この不安定な時況において危機感を感じながら日々模索する昨今、どうせならやりたいことをやろうと思っているRoomin’です。趣味は節約。特に楽天カードアプリの家計簿をつけて家計管理するのが大好きです。ネットニュースなど見ていて思うことなのですが、最近は「節約」の市民権が向上しているのかな〜という印象がします。やはり景気のいい時ですと節約なんて貧乏人のすることだみたいな風潮があったのですが、近頃のトレンドは節約をする人こそお金持ちになれるみたいな記事が多いなと思います。やはりこのコロナ禍の中で仕事や生活への不安定さに直面することが現実としてそこにあるのかなと思います。

でもお金の使い方は人それぞれだし、使うことによって幸せを感じられるのであればそれは大いにすべきだと思うのですが、結局のところ(とどのつまり)自分は若い頃お花屋さんの750円のアルバイトから初めてお金のない時期を過ごしたことがあるので当時から結構その少ない収入から貯金はしていて、その頃から「貯める」方が使うより気持ちいいと感じていたのかもしれません。だいたいおどりの活動で忙しくあまりお金を使うことがなかったのかもしれませんが…。結局は気持ちが満たされることがすべてなのかなと思います。(これはダイエットに似ているかもしれません)精神をコントロールすることは多分この世で一番難しいんじゃないかな〜と思いますが、精神だけじゃ多分ダメで、やはり身体をつかうということも大事だと思うんです。肉体労働をしていると真に疲労が感じられて本当によく眠れます。

結局何が言いたいかよくわからない状態なのですが、要するに周りがどうであろうと自分のやりたいと思ったことはとことんやるべきだと思うし、何かを言われたとしたらその「違和感」に対して、大いに「違和感」を持つべきだし、結局長い目でみてもそのほうが自分を支える力みたいなものになるんではないかな〜と思います。

たまには力を抜いて溶けてみても