OddRooming・宣伝作戦/自分の活動を紹介する名刺を印刷でつくろう:無料サンプルで紙選び

OddRooming・宣伝作戦/自分の活動を紹介する名刺を印刷でつくろう:無料サンプルで紙選び

CREATIVE

さて、このサイトを立ち上げて4ヶ月になろうとしているわけですが、今の段階ではごくわずかな身内にしか露出されていない状態で、宣伝といいますかより広く皆さんにお知らせするべく、その施策の第一弾としてそろそろ名刺をつくろうかと思っています。このコロナ禍においてはあまりリアルに対面で名刺を配れる機会はないかと思うのですが、このName cardをつくることはサイト開設時から構想として抱いていて、単なる名刺ではなく、そのごく小さい面積の中に世界観を簡潔に詰めることのできる作品のようなものと考えておりました。そろそろ発注しようかな〜と思って作業を始めたので、名刺づくりについてOddRoomingの進め方をご紹介したいと思います。

必要最低限の情報を抜粋してカードに込める

この名刺の目的はサイトへの誘導ですので、住所やメールアドレスなど不要な情報を記載する必要はありません。これはあくまで自分のメディアの紹介であり、会社の挨拶の名刺とは全く違うのです。そして最近はほぼスマホでの閲覧が多いのでQRコードも入れたいですし、サイト名も必要でしょう。「OddRooming, or Life in the Woods」というメッセージとサイトのトップページの画像が固まったので、このカードからサイトへ来訪したか人がそのイメージを持ってすんなりとサイトへ入っていけるようにトップのMV(メインビジュアル)をそのままカードにしたようなイメージでいこうと思います。あとは手に取った時の質感に関しては、参考にしたポストカードがあるので出来るだけそのイメージに近づけた感じを目指したいところです。

今回私が参考にした昔訪れたバリ島のマヤウブドというホテルのポストカード。

ネット印刷でもサンプルの紙を無料で取り寄せOK

イメージはあるのでなるべくその質感に近づけたいですし、印刷コストもそれなりに抑えたい…ということで、プリントパックで取り寄せていた用紙のサンプルが手元にあったのでそちらから選ぶことにしました。ちなみに今回はまず100部を目安に印刷しようと思っているのですが、その場合印刷においては「オンデマンド印刷」という選択肢になるかと思います。通常のチラシなど部数の多い印刷は「オフセット印刷」という、版をつくって刷る印刷になるのですが、小ロットの印刷物に関しては性能のいいインクジェットプリンターで印刷するようなイメージの「オンデマンド」になり、多少クオリティは下がると言われています。とはいえ最近ではオンデマンドの出力のレベルも上がっており、よほど厳しいクライアントでない限りは文句は出ないことと思います。ということで100部の場合はまずオンデマンドです。その分選べる用紙も豊富のようですね。手元にあったサンプルの中からすべすべ滑らかでイメージに近い「サンマット」という紙を見つけました。やや黄色味を帯びていてナチュラルな雰囲気もあるかと…。プリントパックのサイトでは紙質や枚数を選ぶとすぐに値段が出て注文へ移行できるので使い勝手が良いのですが、手元にサンプルがあったおかげでさらに具体的に仕上がりイメージに近づけることができました。
→プリントパック無料サンプル取り寄せはコチラ

これは結構古いですが、ネットから紙のサンプルの取り寄せを注文できます。

では次回はデータの制作についてレポートしたいと思います。
→OddRooming・宣伝作戦/自分の活動を紹介する名刺-name card-を印刷でつくろう:イラレ制作編


今は様々なネットプリントサービスがあり、価格も当時では考えられないくらい安くなっています。
↓↓↓【広告】いろぷり:京都の印刷会社のネットプリントサービス