オーバルホットプレートレシピ/具だくさんの簡単豪華チキンライス・うちのパセリを添えて

オーバルホットプレートレシピ/具だくさんの簡単豪華チキンライス・うちのパセリを添えて

LIFE

秋になってバジルがほとんど枯れてしまったのですが、(バジルとパセリの育て方)そのかわりに寒さには多少強いパセリが元気になってきました。パセリはアサリのパスタを作るときに本当に大活躍してくれたので(アサリの件)かなり元はとったと思うのですが、まだまだ使えそうで、コスパよいです。ちょうど先週最後のバジルで作ったナスのトマトパスタの時のトマト缶の残りと家にある余り物を使ってホットプレートを丸々一個使ったチキンライスのようなものを作りたくて、パプリカだけ買ってきました。パセリも活躍してくれそうです。

森の生活的ホットプレートチキンライス

材料
トマト缶(2分の1)※前回の余り
鶏モモ肉 1枚
米(2合程度)※洗わない
パプリカ黄色 半分から一個
シメジなどきのこ 半分から一株
玉ねぎ 2分の1
にんにく 1かけ
チーズ(ご家庭で余っているものなんでも)
うちで育てたパセリ
お好みの塩とか酒とか調味料

1.家に帰ったらベランダのパセリを摘む。伸びすぎてきたら摘んで水に挿すと長持ちします。
2.オーバルホッププレートを[HIGH]にして一口大に切った鶏肉を皮の方から焼いて色目をつける。
3.肉の脇でオリーブオイルでにんにくと玉ねぎを炒める。肉の油が出てくるのできのこを投入して油を吸わせる。
4.肉の皮側に焼き目がついたら米も入れて軽く炒める。酒を入れて落ち着かせてトマト缶も投入。
5.少し水分があったほうがよければ水も入れて鶏ガラスープの素も少々。蓋をし[MIDDLE]で20分放置。
6.20分したら櫛形に切ったパプリカやチーズを投入し、さらに蓋をして10分ほど様子見る。
7.パセリをちぎってふりかける。

机の上に置いてそのまま食べられる見た目のよいオーバルホットプレート

米の代わりにペンネを入れてもいけるかと思います。米やパスタは生のまま入れて一緒に煮ることで味を染み込ませ、さらに茹でる手間などを省くのでホットプレート一つで全てが完結してラクラク、さらに赤と黄色と緑が鮮やかで見た目も豪華に見えるのでワクワクな高揚感に浸れます。


ポイ活もできるレシピ検索アプリ「楽天レシピ」
Roomin’も使っています。
↓↓↓