森の生活的ポイ活/キャッシュレス生活で家計簿アプリにハマる/クレジットカード分は即記入

森の生活的ポイ活/キャッシュレス生活で家計簿アプリにハマる/クレジットカード分は即記入

LIFE

キャッシュレス還元事業を期にキャッシュレスで気軽に買い物ができる環境がだいぶ整ってきたと思います。以前は金額の少ない支払いは受けてくれないお店もあったりしたものですが、今ではコンビニなどで少額で買うものも抵抗なくキャッシュレス決済できるようになりました。「お店の人が迷惑じゃなさそう」な雰囲気になるにつれ、私の決済は可能な限りキャッシュレスです。
→私のキャッシュレス決済のルールはこちら
そして、私の加速するキャッシュレス生活も油断していると気がつかないうちに使い過ぎてしまう危険性があるのですが、使い過ぎを抑えるために絶大な効果があるのが「家計簿アプリ」です。正確にいうと「楽天カードアプリ」のなかに入っている家計簿機能です。「楽天カードアプリ」はクレジットカードである「楽天カード」の管理アプリなのですが、月々いくら使ったかの決済額が確認できる明朗会計なアプリです。この決済額はそのまま家計簿に入り込んでくるので月々使ったカードの支払額はこちらで管理ができるというわけです。他のカードでの決済や現金、口座振込などは自分で手入力します。

クレジットカード分は使ったらすぐ家計簿アプリに入力

そこではじめは面倒臭いなと思いつつも続けているうちにこのアプリにはまってしまいました。現在複数の決済方法を使用しているうえに口座引き落としも複数あるし、貯蓄分として計上したいつみたて投資なんかもあるので、残高だけでは自分が月にいくら支出したのかを知ることは難しいのですが、このアプリに全ての支払いを入力することで月々の支出は確実に把握することができます。また、正確な支出額を把握したくてクレジットカードは支払日に必ずアプリに記入することにしています。後日決済が確定されるとその分が家計簿アプリに入ってくるので同じ項目が二重入りその際にきちんと消しておく作業は必要ですが、確実に自分の支出を振り返ることができます。こういう「確認」の手間を増やすことでお金と向き合う時間を増やし結果的に節約や防犯への意識も高まるのではないかと思っています。とはいえ実際はそんなに手間はかかりませんし、むしろそうやって入力したアプリを眺めて「今月はすごく節約したな〜」とか「今月は結構楽しかったけどそんなにお金使っていなかったんだね〜」と近頃では「精神的な充足による節約効果」という視点まで実感するようになってきています。もはや私にとって「家計簿アプリ」は道楽か娯楽になってしまったのかも…。

こんな満足度の高い家計簿アプリですが、ひとつ要望があります。それはポイ活でいくら支出したかを可視化できるようにしてほしいということです。全て同じ「楽天」グループ内での決済ですし、ポイ活が可視化されれば、その成果にもっと嬉しくなって、もっと節約やポイ活へのモチベーションがアップするし、それに実際アプリに入力していてポイ活の取り扱いが難しいので是非是非アプリ開発の方にはその機能搭載をお願いしたい次第であります。

月々の支出をカテゴリー別や支払い方法別に確認できるほか、目標金額の設定などわかりやすく継続しやすい家計簿機能。カード決済に関する操作への遷移も同一アプリ内で完了する

もはや副業レベル・ポイ活は楽天カードがオススメ