OddRooming森の生活/舞踏と即興と森の生活ひたすらアウトプットWordPressブログ開設1年

OddRooming森の生活/舞踏と即興と森の生活ひたすらアウトプットWordPressブログ開設1年

CREATIVE

祝1周年・知識ゼロから本を頼りにサイトづくり

→第一回目の記事「OddRooming, or Life in the Woods/舞踏と即興と森の生活」
当サイト「OddRooming 森の生活」が開設して9月で1周年となり先日レンタルサーバーの年契約を更新しました。舞踏と即興のクリエイティブユニット「OddRooming」を名乗ったのは2019年のこと。そこからウェブサイトの開設をするべくWordpressのマニュアル本をジュンク堂で買ってはみたものの、当時はライブやイベントも多く、おどりの活動や仕事でなかなかモチベーションが湧かなかったものです。だいぶ放置されたマニュアル本でしたが、コロナ禍の真っ只中にあった2020年おどりの活動はかなり抑えられて時間ができてきたのもあってようやくWordpressでウェブサイトを立ち上げる気が湧いてきました。

↓私が一年間放置した初心者向けマニュアルの最新版


ブログにすることで収入が得られるかも?

元々サイトの構想としてブログではなく、OddRoomingの舞踏や即興の活動を紹介するホームページを開設しようと考えていたのですが、コロナ禍による先行き不安感がもや〜と世の中や身の回りに漂っていて、「経済的な不安」に対して何か対策しないとな〜と考えておりました。その時にTSUTAYAでふと手にした本「完全ひとりビジネスを始めるための本」を読んでいるうちにどうやら「ブログ」の運営で収入を得ることができるらしい(いわゆるアフェリエイト)ということを知って、どうせWordpressでサイトをつくるならいっそブログサイトにしてしまおうという結論へ着地したわけです。ここからの行動は早かったですね。

WordPressのことに関しては知識はほとんどなくほとんど素人の私でもできそうなわかりやすそうな本を選んでいたので、サーバーの契約からドメインの取得、Wordpressのインストールなどマニュアルに沿って黙々と作業をこなすと同時にサイトの構成やカテゴリーの設定など設計を考えてはモクモクと妄想を膨らませました。

↓私がブログに興味を持つきっかけとなった本「完全ひとりビジネスを始めるための本」


舞踏のこと、即興のことなどをとにかくアウトプット

この本「完全ひとりビジネスを始めるための本」によるとブログの開設から最初の3ヶ月は毎日記事を更新せよとのことで、(まずは100話を目標にということ)9月にブログを開設してから年内の間、私は毎日ひたすら記事の更新をし続けました。舞踏や即興のことだけでは当然ネタが持たないので、「舞踏と即興のクリエイティブ」を軸に表現活動以外にもクリエイティブ関連の経験や森の生活の基本である植物と関わる生活や節約のことなど、そしていつでも考えていたいニューヨークのことを盛り込み目標の100話を達成したのですが、最初のこの3ヶ月は毎日どんなブログを書こうかを考えるのが楽しくもありいつからかアウトプットが習慣のようになってきたのです。

一年経っても収入はほぼゼロ。でもそんなの問題ない

そして「完全ひとりビジネスを始めるための本」に書いてある通りに記事をためてからGoogleのAdsenseへ広告掲載の申請をして無事に承認がおり、一応アフェリエイトブログの体裁が整いました。…がしかしまだまだ当分収入といえるレベルの成果は得られておりませんが…。でも舞踏や即興のことを中心にたくさんのアウトプットをし続けているせいか、おどり観が明確になるなどもっと大切なことが育っているので、収入にかかわらずOddRoomingのウェブサイトはブログというスタイルがあっている気がします。現在はさすがに毎日更新はしておりませんが、2021年からは奇数日(つまり奇数=Oddの日)でほぼ2日に1回、春からは隔Odd(奇数)の日でほぼ4日に1回の「森の生活」の話を更新していてこの1年で188話を積み重ねました。何よりも続けられているということと、これからも続けていこうと思うことが一番の成果なのかもしれません。

「ウォールデン森の生活」という名のエコバック